小心者なので大胆な取引はできません・・。ちびちび取引して、いずれは「ちりも積もれば山となる」を目指します。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ。
本来なら今日は今週の指標についての分析をするのでしょうけど、僕の様なスワップ派よりな人間はこの円安レベルではなかなか手が出せない。じっくり円高になるのを待つ、所謂「待つも相場」ですね。
でも、とりあえず明日(6月11日)の指標です。
8:50(日) 第1四半期GDP・二次速報
15:45(仏) 4月鉱工業生産
15:45(仏) 4月製造業生産指数
17:30(英) 5月生産者物価指数
21:30(加) 4月新築住宅価格指数
※シドニーは休場
以上となります。
明日の指標より今週見逃せないのは
15日日銀金融政策会合でしょうね、利上げについてなにか進展があれば相場が大きく動く可能性もありそうです。僕の様な初心者には細かい指標よりも政策金利や要人の記者会見での発言の方が重要になりますね。

さて、来る6月18日より外為どっとコムでは、南アフリカランド通貨が取引できる事になりました。そこで、南アフリカの簡単な紹介と行きましょう。
<国名>南アフリカ共和国
<国土>122万平方キロメートル(日本の約3.2倍)
<人口>約4,483万人
<首都>プレトリア
<主要産業>
(農業)畜業・とうもろこし・柑橘類・小麦・砂糖など
(鉱業)金・ダイヤモンド・プラチナ・ウラン・鉄鉱石・石炭・銅他
(工業)食品・製鉄・化学・繊維・自動車
<その他>
・実質GDP成長率(アフリカ大陸最大)
 2006年5.0%/2007年4.8/(予想)2008年5.1%/2009年5.4%
・失業率
 2003年31.2%/2004年27.8%/2005年26.7%
・南アフリカ長期債務格付け+BBB
・2010年にワールドカップ開催予定
・政策金利9%
・鉱物資源の資産1,000兆円超
・BRIC(S)複数の意味を表すすが、サウス(s)アフリカが定着
・ムベキ大統領は2005年2月の施政方針演説にて、経済成長目標(10年以降6%台の経済成長、14年までに失業率を半減)を達成するための「経済成長加速化戦略(ASGISA)」の策定に言及。
・貿易相手国は主に、独・中・米・日
<リスク>失業率・治安・貧困・資源依存
 以上簡単にまとめてみました。

僕、個人的意見としては、まず、政策金利9%は魅力です。また、第3次産業の割合が大きく、GDPも伸び続けている。更に、2010年のワールドカップの開催予定なので、国を挙げての経済成長、治安回復、失業率の低下が期待できることですね。

素人の分析ですいません^^:でも、先は長いですが魅力ある投資先と言うことは間違いありませんね!

18日の外為どっとコムが楽しみです。
 

宜しければポチお願いします。にほんブログ村 為替ブログ FX初心者へ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
出来立てのBlog専用ランキングサイトです。
是非ご利用下さい。
m(__)m
http://blog.rank7.in/
2007/06/11(月) 19:54 | URL | ブログランキング #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://chibichifx.blog103.fc2.com/tb.php/4-496288e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。